無人契約機で借りたのが始まり

無人契約機で借りたのが始まり

返済計画を間違ってしまったために、借金がどんどん増えてしまった方の例を紹介します。

 

彼はお金が足りなくなった時に、ふと無人契約機でお金を借りたそうです。3万円くらいだったので、来月直ぐに返せると考えていました。しかし、実際には次の月も出費が多くて返済ができず、わずか数千円だけの支払で終わってしまいました。利子だけでも払えば借金が大きくならないと思っていたのでしょう、更に借入を数万円行なってしまい、最後には30万円まで増えてしまったようです。もちろんこのくらいの金額なら、計画的な返済を行なえば返せる額だったのですが、生活がギリギリだった事もあり、わずかな金額しか返済しなかったようです。元金はほとんど返済していない状況で、利息だけを支払っている事に気が付かなかったようです。どんどん借金が増え、多重債務になって初めて気がついたと言います。

 

利息分だけでも支払えば良いと言う安易な考え方が、新たな借金を生んでしまったようです。借金を行なっている際には、できるだけ生活を切り詰めて返済に多くの金額を充てる必要があります。何よりも返済を優先して、早くに返済する心構えが必要です。生活を切り詰めても余裕が無いなら、国の制度を利用する方法もあり安易に借金すべきではありません。