手軽に借りられるために高額に

手軽に借りられるために高額に

ある女性はネットでカードローンが申し込める事を発見し、いつかお金が必要になるだろうという気持ちで、気軽にカードローンに申し込んでしまいました。カードローンを持っているだけなら無料で良いのですが、近くのATMで自分の銀行からお金を引き出すようにお金が借りられるために、結局高額なローンになってしまったと言います。利用したものは、欲しかったバッグなどを購入した費用で、必要に迫られたわけでは無かったのです。

 

カードローンでよくある失敗例で、あまりにも手軽だったために、ついついお金が必要な時に引き出してしまうという間違いです。カードローンは自分のお金を引き出しているのではなく、あくまでも借金をしている認識が必要です。そのような管理が出来ない人は、カードローンは持たないほうが良いでしょう。どうしても生活費が足りないとか、急な出費で給料日までお金が足りないなどの理由で借りるべきです。また、銀行で融資を断られた方がカードローンを利用し、必要な資金を調達する場所として利用する事もあります。明確な目的と返済する能力があるなら、特に問題は無いと思います。ただし、今回紹介した女性のように、現金が手元に無い理由でショッピング目的で利用してしまうのは避けたほうが良いです。