実録!転落人生!お金を借りてひどい目にあった話

最初は数万円だったのにいつの間にか高額に

サラリーマンの男性は、給料日前になるといつもお金が足りなくなる生活を送っていました。そんな時に急な出費が出てしまい、消費者金融でお金を借りなければなら無い事になってしまいます。借りた金額も数万円程度で少なく、返済日までちゃんと返せば大丈夫と思っていたのですが、実際には次の月にもお金が足りず返済日を延長するはめになってしまいます。月々の収入が限られていて、収入も毎月ギリギリのため中々返済に充てることができず、ズルズルと返済を引き延ばすことに。

少しの金額だから大丈夫と思って借りる方は非常に多いのですが、返済まで節約を徹底しないと返済の金額を作れないことがあります。いつもと同じ生活を送るのではなく、借金をしているという自覚の上返済すべきだったのでしょう。結局彼は返済をズルズルと延ばしたために利息の額が大きくなり、更に返済が出来ない状況に陥ったと言います。延滞を繰り返せば当然信用情報に傷が付き、ブラックリストとして載ることになります。新たにお金を借りることもできず、このままだと債務整理を行なうか、対応を間違うとヤミ金に手を出してしまう事もあるでしょう。最初は少ない金額でも、計画的に返済しなければどんどん借金は膨らんでいきます。

関連サイト

今すぐ借りれる6つの借り方・・・キャッシングで即日での審査を希望している人必見。キャッシング会社の比較検討できます。
今すぐお金借りるならコチラ!・・・急いでいる方は、このサイトで紹介しているローン会社からお金を借りましょう!